SIGMA sd Quattro Hと28mm F1.4 DG HSMを買いました

花村貴史のアイコン画像
Photography

新しいカメラを買いました。SIGMA sd Quattro H + 28mm F1.4です。

ある日、DP1 Merrillで撮った写真を見返したときに「うっわ、めっちゃ精細に写っとる!」と感動。

そこで「2020年の今、Foveonを使うならどのカメラがいいかな?」とチャンプカメラ港北ニュータウン店の店長に相談した結果、sd Quattro Hと28mmF1.4となりました。初めてのArtレンズです。


sd Quattro Hにした理由は1つ。

  • APS-Cまでのセンサーしか使ったことがないので、その上のセンサーを体験したい

28mmにした理由は2つ。

  • 換算36mmというLeicaではお馴染みの35mm画角近辺を使いたい
  • SAマウントのレンズの中では最新(当時)だから

注文して僕の手元に届いたのは2020年7月半ばのこと。3ヶ月使ってみたので、sd Quattro Hの「良いところ」と「悪いところ」を語ります。

まずは良いところから。

ゆっくりじっくり撮るカメラ

ゆっくりじっくり”だから”いい

sd Quattro HとArt28mmを組み合わせると大きいし重いです。AFもFUJIFILM X-H1と比べると遅いし、SDカードへの書き込みも遅いです。

だからこそ、被写体にじっくり寄り添えるし、フレーミングやピント合わせも丁寧に行うことができます。

バババっと素早く撮りたい人には不向きなカメラといえるでしょう。

でもね、この「ゆっくりじっくり」が僕には良かった。写真を撮る基礎訓練になるからです。

写真を撮る基礎訓練

一連の動作をゆっくりじっくりと繰り返すことが良い訓練になると僕は思います。

  • 被写体に向き合う
  • ファインダーをのぞく/EVFを見る
  • 露出を決める
  • AF/MFでピントを合わせる
  • シャッターを切る(体幹重要)

「AF/MFでピントを合わせる」を補足すると、sd Quattro HのAFは、わりと正確ですが甘いこともしばしば。拡大表示してピント調整することが増えます。

すると、必然的に被写体を観察することになりますし、ピント調整に集中します。これがいい訓練になるのです。


また、Artレンズのピントリングには適度な重みがあり、ちょっと回すだけで調整できますから、副次効果として「カメラを操っている感」が存分に味わえます(笑)


AF技術は日々進化しているとはいえ、最終的には自分の目でピント面を確認する方が良いということが体験できましたね。

ゆっくりじっくり撮っていたら、MFで撮った方が楽と気づきました。以来、もっぱらMFで撮るようになりました。

ピントがドンピシャの写真はすごい

露出を決めて、ピントを合わせてシャッターを切る。

これだけの簡単操作なのに、APS-Hセンサー&F1.4であることからか、ピントを外すことも多いです。くやしい!

でもね、バッチリハマったときの絵は素晴らしいものがあります。

Foveonが生み出す写真の鮮明さは、ベイヤーセンサー(X-Transでさえ)とはまるで違うことが体感できます。色も違いますね。独特です。RGBの独立3層構造ゆえに本物の色を写しとれると言われますが、これは好みが分かれるかな。


さらに特筆すべきは、さすがのArtレンズ。

大抵の場合、めっちゃまっすぐに写ります。これにはびっくりしました。光学性能だけでまっすぐにするって、そりゃレンズはデカくなるし、重くなりますよ(笑)

ISO感度は400か800まで(笑)

これはもうSIMGA fpをのぞく「SIGMAあるある」ですね(笑)

Quattro世代とはいえ、カラーで撮る場合はISO100か200、いっても400です。モノクロでいい感じの雰囲気を出すために800なんて設定することもあります。

適材適所でカメラを使い分けましょう。



次にちょっと悪いと感じるところ。

EVF/背面液晶に写る色が撮れる色ではない

FUJIFILM X-H1は露出やWBの設定がEVF/背面液晶に反映されます。わりと正確でイメージどおりに撮ることができます。

一方、sd Quattro Hには「MF時に露出やWBの設定が反映される」という設定があるのですが、あんまり正確じゃないです。特に露出なんか顕著。

撮ってから自分好みの絵になったかどうかを確認した方がいいね。

そうして「sd Quattro Hが出す色のクセ」を理解していく必要があります。

センサーダストの課題

sd Quattroで話題になったというセンサーダストはQuattro Hにもあります。もちろん個体差はあるでしょうけど僕のはあります。絞るとびびる。


SIGMAの本社窓口(川崎市麻生区)に電話して確認しました。担当してくださった方の回答は以下のとおり。

  • 本件はSIGMAも認知している課題(宿命のようなものだと)
  • センサークリーニングは保証期間が過ぎても対応する
  • センサークリーニングは2週間程度かかる
  • 発送は着払いでOK

今のところ無償で清掃してくれるそうです。めっちゃ助かります。

発送する際には以下を揃えるとGoodです。

  • カメラボディ
  • カメラの保証書
  • 修理品納品書(お客様控え)
  • 「クリーニングよろしくお願いします」みたいな感謝の添え書き

おわりに:買って良かったカメラ

上達するには練習あるのみですね。カメラの操作はもちろん、sd Quattro Hが出す色のクセを理解することを含めて。

カラーモードはニュートラルを基本にしています。他にスタンダードやフォレストグリーンも使うことが多いです。

すごいカメラを買ったからといって、すぐにすごい写真が撮れるわけではありません。もちろん、高性能化にともない簡単に撮れるようにはなります。iPhoneのように誰でも簡単に撮れる時代ですし。

でも、道具は使い込み、手に馴染んでいくからこそ、アウトプットの質が高まります。

そんな当たり前のことに気づかせてくれたカメラなので買って良かったです。


ある意味、sd Quattro Hは写真力養成ギプスなカメラですよ(笑)しばらく使ってからX-H1を使ってみたら「うっわー楽すぎる!」って毎回(本当に毎回)思いますもん。

亀仙人の甲羅を担いで修行していた若かりし頃の悟空とクリリンの気持ち、めっちゃわかる。空高く飛べるよねw


#SIGMA#sdQuattroH#Art28mm
花村貴史のアイコン画像

Software Engineer & Photographer

花村貴史

Takashi Q. Hanamura

個人ではPython/Golang/JSを使い、オシゴトではWeb系システムを開発しつつ、週末は撮られ慣れてない方の笑顔や空気感をそっとすくい撮っています。
横浜育ち38年。脱サラ→信州移住2年半。2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。関西に来てよかったことは京都が近くなったこと。