JetBrains製IDEをコマンドラインから起動する方法

Profile image of Takashi Hanamura
花村貴史 / Takashi Hanamura 2022/06/17
Eye catching image for this article

"Goland ."と打って起動してはる?

(なぜか関西弁)

Neovimcoc.nvim をインストールして、プレーンな Python や Golang の開発環境を構築していたとき、mercari engineering の記事と動画に辿り着きました。

3:03 あたりのこと。gland .と入力したらカレントディレクトリで Goland が立ち上がっていました。

あら〜こんなことできるの?と調べてみたら、ちょっと手を加えればできることがわかりましたので早速設定。

環境

OS/Software Version
macOS 11.6.6
JetBrains Toolbox App 1.24.1280
Goland 22.1.2
PyCharm 22.1.2
iTerm 3.4.15

設定方法

1. Generate shell scripts を ON

2. 所定のディレクトリに起動用のシェルを格納

$ cd /usr/loca/bin
$ vim goland
#! /bin/sh
open -na "GoLand" --args "$@"

▶︎ 詳細は Command-line interface | GoLand を参照ください

$ chmod +x goland

# 確認
$ which goland
/usr/local/bin/goland

※PyCharm も同様に起動できるようにします

$ cp -p goland pycharm
$ vim pycharm

---
#!/bin/sh
open -na "PyCharm" --args "$@"
---

$ which pycharm
/usr/local/bin/pycharm

これでコマンドから IDE が起動するようになります。作業ディレクトリ上でgoland .pycharm .と入力してみてください。

おわりに

コードを書いていると、できるだけキーボードだけで済ませたくなります。上記のように設定すれば、IDE がサクッと起動できるのでグッと楽になります。

もちろん、Terminal でopen -na PyCharm .と入力することで同じことはできます。でも、そこはほら、もうちょっと Cool にやりたいじゃないですか(笑)

だからこれでいいのです。

※掲載した写真は、とある 12 月の京都。伏見稲荷大社の裏山を散策したヨウスを RICOH GR で

お知らせ

JetBrains 製の IDE にご興味がありましたら、サムライズムさんの紹介プログラムから購入するとちょっとお得になりますのでリンクを貼っておきます。

https://secure.samuraism.com/referral/33D464315EB3916505CA8B3DF9748418

こちらから新規購入すると最大 1000 円引きされます。すると、僕の場合は次回更新時に 200 円引きされるというプログラムです。よかったらご利用ください。